こだわりの食材

ボンズファームさんの紹介

埼玉県北東部に位置する羽生市で季節の旬な野菜を露地生産・販売をしているボンズファーム。
ボンズファームさんが目指しているのは、いつも食べる様な普通の野菜・・・
でも、「これ、おいしい!」と消費者が笑顔になる野菜づくりです。
そのため「旬の時期」に「形状よりも味や食感の良い品種」を「野菜本来の力を引き出す方法」で栽培しています。
また、消費者に直に野菜本来の味について伝え、おいしさの感動を共有したいので、
1年で50品目100種を栽培する「少量多品目生産」で直接販売するスタイルをとっています。

[Bone farm 大貫伸弘]
羽生の兼業農家の生まれ。学生時代のアルバイトで飲食へ興味を持ち大学卒業後、株式会社ぐるなびに就職するが、飲食の現場への思いを捨てきれず東京の農業実験レストラン「六本木農園」へ転職。日々、全国各地から集まる食材や優秀な農家たちに触れ、農家になることを決意。2013年より茨城県土浦市にある久松農園にて「小さくて強い農業」を2年間学び、2015年4月より地元の埼玉県羽生市で独立就農。親とは別経営で専業農家として日々チャレンジ中。JAや卸業者は通さずに個人のお客様やレストランを中心に野菜を直販しています。
珍しいとか、ただ甘いとかいうわけでなく、苦みや辛味、エグミ、爽やかさなど野菜の本来の力を大切にして、食べた時に身体に染み渡るような味を目指しています。埼玉県羽生市は利根川沿いに位置しているため、水が豊富で米作りが盛んです。水が溜まりやすい畑は野菜作りに向いていないと言われますが、工夫すれば美味しい野菜はできることを信じ、毎日畑と向き合っています。

 

Bonz farmについてはこちら



CACAO HUNTERSさんの紹介

「CACAO HUNTERS」は世界15カ国のカカオ生産国を旅してきたカカオハンター小方真弓さんと、コーヒーの世界に従事してきたカルロス・ベラスコさんが、2013年12月にコロンビアで立ち上げました。
見つけて育て、加工し届け、フィードバックまで行う。
カカオハンター仕事は、良質なカカオを見つけ、カカオ農家の方々と協力してチョコレートができるように増やす、つまりカカオを栽培・収穫するところから始まります。
そしてその出来上がったチョコレートを、その土地や人々の価値をのせて、消費してくださる方々にお届けする。
また、召し上がって頂いた感想を、今度はカカオ農家にお届けする。
世界には、チョコレートを知らずにカカオを栽培している人。カカオを知らずにチョコレートを口にしている人がたくさんいます。離れたふたつの世界を、美味しさと笑顔でつなぐことが、私たちの夢です。

[カカオハンター 小方真弓さん]
1997年に製菓原料チョコレートメーカーに入社、以来6年間商品開発や企画開発に従事。在勤中にカカオの世界を知らずにチョコレートを開発する自身に疑問を感じ、一念発起して単身でカカオ生産国を旅することを始める。

2003年にチョコレートの技術コンサルタントとして独立し、その報酬を全てカカオ生産国で学ぶことに費やす。NGOやアジア開発銀行のチョコレート復興プロジェクトに従事しながら、現在まで15カ国のカカオ生産国を旅する。

2009年にコロンビアを訪れた際にこの国のカカオのポテンシャルに魅了され、2010年Cacao de Colombia S.A.S. に自己資金を投資して経営参画、以来活動拠点をコロンビアに移し、研究開発ディレクターとして現地のカカオ発掘、カカオ豆品質向上、生産指導、生産農家の発展に勤めている。

2013年12月同社にてチョコレート工房設立、2016年9月新工場設立、コロンビア初のInternational Chocolate Awards 金賞、特別賞受賞チョコレートの開発・製造に携わる。カカオ・チョコレートの国際コンクール審査員の他、カカオの世界を多くの人に知ってもらうため、各国でセミナーやコンフェランスも行う。

 

CACAO HUNTERSについてはこちら



お問い合わせ
ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

ネット予約は24時間受付
ネット予約はこちら

店舗情報

代官山 LegaRE

代官山 LegaRE

住所
〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西2-17-5
サンビレッジ代官山B1
アクセス
東急東横線 代官山駅 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩6分
JR線 恵比寿駅 徒歩6分
電話番号
050-5269-8847
営業時間
[月曜日~日曜日]
17:30 ~ 23:00(L.O.22:00)
[定休日]
不定休